>

一般的に必要なものとは

日数を把握しよう

自分がどのくらい入院するのか把握し、それに合わせて着替えを用意してください。
タオルは、ハンドタオルとフェイスタオルがあると様々な用途に使えるので便利です。
また歯ブラシやコップは、病院には置かれていません。
入院中でも口内の衛生環境を整えることができるよう、それらも持って行きましょう。

飲み物を飲む時のために、蓋やストローがついているコップを用意しましょう。
すると横になった状態でも飲みやすいですし、蓋をしていれば倒しても中身がこぼれないので安心です。
着替えやゴミを入れたりするのに、ビニール袋が必要です。
取手がついているタイプが使いやすいので、入院前に購入してください。
トートバッグは買い物や、書類を入れる時に使えます。

ゲームや本も持って行こう

ベッドのわきにテレビが備わっているので、それを見て時間を潰すことができます。
しかし大きな音量でテレビを見ると他の入院患者に迷惑を掛けるので、イヤホンを使いましょう。
イヤホンは、2メートルから3メートルほどの長さのものがおすすめです。
それよりも短いとテレビまで届かず、使えない可能性があるので長さをきちんと確認しましょう。

入院する際は、ゲームや本を持って行く人も見られます。
ゲームは音が出ないよう設定したリ、こちらもイヤホンを使うのが良い方法です。
病院内の売店に本が売っていることもありますが、そこに自分が読みたい本があるのかわかりません。
そのため前もって本屋に行き、好きな本を何冊か購入した方が良いです。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る